風水.com風水とインテリア風水子供部屋・書斎

風水子供部屋・書斎

風水子供部屋・書斎

風水住宅・インテリア風水

 子供は宝です。だから子供部屋は住居の家運を担い、その生命場が高ければ健全な成長を期待できます。基本的に子供部屋は知能・意識・親子の愛と関わっています。良い気を子供部屋に持ち込むには、第一に整理されていて清潔であることです。

 子供部屋がない家に住むと親子は争うことが多くなり、神経病にかかりやすくなります。子供部屋が親の部屋よりも大きいと親子は対立するようになります。

 住宅の一番大きい部屋に親が入居するのがベストと言えます。 しかし親が65歳以上の場合や子供が30歳を越えていれば子供部屋が親の部屋よりも大きくてもかまいません。

子供部屋の配置

 子供部屋に入ってすぐに机が見えない家では、子供は勉強しなくなり、成績は落ちやすくなります。しかしドアを背にしてはいけません。

 西日しか入らない子供部屋、あるいは西日が強く入る部屋、路沖にあたる場所側に子供部屋があるのも良くありません。

 また、子供部屋のドアとトイレのドアは向かい合ってはいけません。ドアの近くに机やベッドの頭があると気が乱れ、不安感が強くなってしまいます。

 子供部屋のベッド、机、家具等はあまり色の濃いものは使わず、刺激の少ない色彩や素材が必要です。家具類の素材にスチール製品のものはお勧めできません。

 ベッドの頭の上は壁であることが安定感をもたらします。学習部屋はなるべく脳を沈静化することのできるブルー系が良く、ベッドはベージュ、ピンク系、茶系が良いです。

 ベッドの下に雑誌やぬいぐるみ等が多くあれば気管支炎や鼻炎、アレルギーにかかりやすくなってしまいます。暗すぎる部屋は眠気をもよおし、明るすぎれば集中力を失っていきますので、勉強しなくなります。

 勉強中は周囲を適度に暗くし、机の前部を明るくすると学習力が高まる気が集まってきます。

子供部屋の問題

 机の下がフローリングであれば頭の気を奪ってしまいます。机の下やベッドを出た時、足を下ろす場にはカーペットやアクセントラグが必要です。足元を冷やせば頭の気が奪われてしまいます。

 デザイン性の高い子供部屋、クオリティーの高い子供部屋は子供の感性を高めることができます。機械的な感じがする建物やインテリアは無機質な情報を人間に与え、次第に五感や魂そのものを失っていくことになり、冷たい人間になってしまいます。

 また、子供部屋にTVを置くと室内に閉じこもりがちとなり家庭に問題が生じるようになってしまいます。

 なお、電磁波が強く出るラジカセは机の近くやベッドの近くに置くと思考能力を司る大脳皮質の波動を低めてしまいます。

 書斎は決断力と思考能力を見るところです。書斎は一家の主人の脳の状態と対応しております。それゆえ書斎のない主人には決断力、思考力、知覚力の欠如が見受けられます。

子供部屋の机

 机の前に鏡や窓があると気を逃してしまいます。入口付近に机があることも良くありません。机が壁を背にして入口の方向に向かっていればその気はその人に集まってきます。

 机のカタチは角のとれたものが適切ですが、金銭に関わる仕事をしている人は長方形が最も良い気を集めることができます。

 机の色彩がナチュラルな木質系、茶系であれば気を呼び込むことができます。



Copyright(c) 2006,LRI風水.com.. All Rights Reserved