風水.com風水とインテリア風水寝室

風水寝室

風水と寝室

風水住宅・インテリア風水

 寝室全体は人体において、心臓・血液循環・代謝障害・脳・自律神経系・交感神経系、特にベッドは子宮・卵巣・睾丸・免疫と関わっています。肉体的には体力・気力・精神的なストレスやリラクゼーションに影響を及ぼしています。

 寝る位置は人間の運命と重大な関わりがあります。寝ている時は、寝室の状態がそのまま生命場となり、そこでの気の影響を強く受けます。

 寝室の生命場が乱れていれば、乱れた情報が全身に入り込んでしまいます。寝ている間に空間の気が脳に働きかけ、運命を左右してしまうのです。

 それゆえどこで、どんな空間で、どの方位に、どのような状態で寝ているのかが重要なのです。一般的な傾向として、寝室の生命場の気が乱れていれば不眠症や心臓病にかかりやすくなります。

 ベッドは子宮、卵巣、睾丸と関わっていますから、夫婦の問題、子孫のこと等に影響を与えます。寝室の生命場が悪いと夫婦に円満さを欠き、子供も生まれません。

 夫婦は別々のベッドで寝ると円満さを失いやすくなります。寝室に鍵がついていない住宅に住む人も眠りが浅くなったりします。

 寝室は脳の自律神経や心臓と関わっています。これらのことに該当する他、以下の例に該当すると、不眠症や病気になりやすく、財気も失いやすいと言えます。

安眠チェック

 寝室に心地よい眠りと安らぎやくつろぎが起こっていない場合は、以下の項目をチェックし、できれば改善することをお勧めします。

安眠チェック項目

  1. 頭の上に窓がある。
  2. 寝室が寒い。
  3. 壁紙の模様に動きがあるか色彩が激しい。
  4. 寝ていて目を開けた時、赤、黄など色調の強いものが視線に入る。
  5. 動きのある物がある。
  6. 寝室へ入るドアの中心線がベッドを横切る。
  7. 寝室にタンスが多い。
  8. 衣類が寝室内にかけてある。
  9. 頭の上にすき間がある。
  10. すき間風が寝室に入る。
  11. 寝室の柱の梁やタンスの角がベッドを横切る。
  12. 寝ている姿が鏡に映る。
  13. ベッドの下に荷物がつまっている。
  14. 寝室の空気が流れずいつも滞っている。
  15. 寝室内に不快な臭いがする。
  16. 寝室が広すぎる。
  17. 音の出る時計がある。
  18. 電気器具、TV、オーディオ、コンピューターなどが寝室にある。
  19. 暗いイメージの絵がある。
  20. アンティークのベッド。
  21. パイプベッド。
  22. ベッドの階下にトイレやバスルーム、車庫がある。
  23. 天井が低い寝室である。


Copyright(c) 2006,LRI風水.com.. All Rights Reserved